ハウスクリーニング比較君トップページ  

最新情報・レポート > 

空き家のハウスクリーニングは依頼可能?

最新情報・レポート

空き家のハウスクリーニングは依頼可能?

空き家のハウスクリーニングは依頼可能?

 

ハウスクリーニングと聞くと住んでいる住宅が対象を思われるかたが多いかと思います。しかし、ハウスクリーニングは空き家でも使用は可能であり、劣化などが心配される空き家をキレイな状態に保つために必要なものなのです。

 

しかし、わざわざ掃除しに空き家に行く手間があり、掃除道具や洗剤を用意する必要があり面倒と思われるかたも多いでしょう。そして、空き家では水道や電気を止めている場合が多いので、掃除ができない場合もあります。

 

そこで、今回はハウスクリーニングを空き家でも使用できるメリットや自分で行う場合と業者に依頼する場合の方法をご紹介します。

 

 

空き家をハウスクリーニングしてもらうメリットは?

ハウスクリーニングを空き家で利用するというのは、使用していないのだから汚れることはないので不要では?と思われる方もいるかと思います。

 

しかし、誰も住まずに空き家として長期期間放置していると、家自体が劣化してしまうため定期的な掃除やメンテナンスが必要となるのです。

 

今は誰も住んでいなくても、誰かが住むかもしれません。または、売りに出すかもしれません。そんなときに、住宅の状態が悪いとすぐに住めなかったり、売却価格にも響いてしまったりします。そのため、ハウスクリーニングを定期的に行うことがとても重要なのです。

 

そして、そのハウスクリーニングを自分ではなく、業者に依頼して清掃をしてもらうことで生まれるメリットが3つあります。

 

・徹底的に掃除してくれて、自分ではできない箇所までキレイになる。

玄関や部屋以外にも、バルコニーや換気扇・エアコンまで住宅の隅々まで掃除してくれるので、自分ではなかなかできない箇所もキレイになります。豊富な経験と知識をもった専門のスタッフが対応するので、即座にキレイになります。衛生面や害虫予防の効果もあります。

 

 

・時間や体力を使用しなくてもよい。

自分で掃除する場合は時間と体力が必要となります。依頼者がご高齢の方や仕事でなかなか時間がない方にはおすすめです。

 

 

・薬品や洗剤を選ぶときに悩む必要がない。

掃除をするとなると、薬品や洗剤などを掃除箇所ごとにそろえる必要があります。どの洗剤がよいのかなど不安がある場合、専門の業者であれば的確に選んで使用してくれるので、安心です。また、専用の洗剤で掃除することで、長年放置したために発生したニオイ対策にもなります。

 

料金を左右するポイント

料金を左右するポイント

 

ハウスクリーニングを空き家で利用するとき、料金を左右するポイントが2つあります。それをしっかりと理解しておくことで、料金を把握できるでしょう。

 

  • ・住宅の大きさやお部屋のタイプ
  • ・住宅の汚れや劣化状態
  •  

    住宅は1LDKをはじめとして、様々なタイプがあります。掃除する範囲が広くなればなるほど料金が高くなるので、事前に依頼する住宅のお部屋タイプを確認しましょう。住宅の状態によっても作業員の数が変わるので、料金が変わってきます。汚れがひどければひどいほど料金が高くなります。

     

    また、業者によっては掃除範囲が異なるので、掃除箇所や内容を事前に確認しましょう。そして、掃除箇所によってはオプションとなることもあるので注意が必要です。

     

    どこをどのように、キレイに掃除するのかを把握してから、業者に依頼することをおすすめします。

     

    業者に依頼せず自分で綺麗にする方法

    ハウスクリーニングを空き家で依頼せずに、自分でキレイにしたい場合の方法をご紹介します。

     

    ① まずは大きなものから処分する

    まずは、空き家にある使用しない電化製品や家具を処分することから始めます。処分方法は、各自治体の方法に従って行いましょう。テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンはリサイクル法でリサイクルが義務となっているので注意が必要です。

     

     

    ② 小さなものを処分する

    次に、衣類や食器・本など不用品を処分します。自治体によって分別方法が異なるので、確認してから処分をするとよいです。また、仏壇などはある場合は供養を検討したり、どう処分したりするのかをご家族でしっかりと確認してから処分しましょう。勝手に処分してしまうと、トラブルにもなりかねないので注意が必要です。

     

     

    ③ 掃除をする

    不要品がなくなったら、屋内・屋外ともに掃き掃除や拭き掃除を行います。掃除の際に、雨漏りやシロアリ被害など住宅に被害がないか、傷んでいるところはないかを確認するとよいでしょう。必要であれば、対処をして被害が大きくならないようにしましょう。

     

    屋外では、ポストの中の郵便物を回収し、雨どいにゴミが溜まっていないかなども確認します。植木がある場合は、近隣住民に迷惑にならないように、剪定を定期的に行うことが必要です。

     

    使用しなくなったエアコンの中にホコリや水分があるとカビが発生する可能性があるので、しっかり掃除しましょう。

     

    排水溝の中も、嫌なニオイが上がってこないように、専用の洗剤などを使用して掃除するとよいでしょう。

     

     

    ④ 換気をする

    換気は、特に住宅にとって重要なものです。湿気が溜まっていると、畳や壁などにカビが発生してしまいます。そして、カビが発生することで、住宅の劣化を進めてしまう結果になるのです。そのため、定期的に晴れた日に窓を開けて換気しましょう。

     

    部屋だけでなく、ふすまやクローゼットの扉など扉という扉を開けて、しっかり換気させることが重要です。

     

    総合的には業者に依頼したほうがお得な場合も

    総合的には業者に依頼したほうがお得な場合も

     

    ハウスクリーニングを空き家で考えている場合、自分でおこなった方がよいのか業者に依頼した方がよいのか迷ってしまう方も多いかと思います。

     

    料金面を抑えたい場合は、自分でハウスクリーニングすることもよいでしょう。しかし、労力と時間がかかり、自分では困難と思われる場合は業者に依頼しましょう。

     

    洗剤や掃除道具を用意したりすることを考えると、総合的には業者に依頼したほうがお得な場合もあります。そのため、無理せずにハウスクリーニング業者に依頼することをおすすめします。

     

    そして、業者を選ぶときには以下のポイントがあります。選ぶときにこのポイントを確認してから選ぶことで、よりよい業者を見つけることができます。

     

    ① 複数の業者に見積り依頼をする。

    業者によって、掃除範囲や方法は異なります。そして、「不用品の処分もしてほしい。」「定期的に掃除や郵便物を回収してほしい。」などの要望がある場合は対応してくれる業者を選びましょう。そして、オプション内容も確認し、自分が必要とするプランの見積りを出してもらいましょう。複数社比較することで、相場がわかり、一番ぴったりな業者を選ぶことができます。

     

     

    ② 掃除事例をネットなどにアップしているか。

    業者のホームページなどに実際の掃除した事例をアップしている業者であれば、掃除後のイメージがつくでしょう。そして、豊富な経験と知識をもった業者ほど安心して依頼できるので、確認してみましょう。

     

    まとめ

    ここまで、ハウスクリーニングを空き家で行う場合についてご紹介してきました。空き家のハウスクリーニングは、住宅の劣化を進めないためにとても重要なものです。誰も住んでいないから、汚れないのではなく、誰も住んでいないからこそ劣化していくのです。

     

    そのため、しっかりと定期的な掃除とメンテナンスを行いましょう。そして、自分でハウスクリーニングを行う場合は困難な作業となり、時間と労力が必要となります。そのため、業者に依頼することをおすすめします。素早く、自分ではできない範囲までキレイに掃除してくれるでしょう。

    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • お客様の声
    • よくあるご質問
    • 運営会社
    • スタッフ紹介
    

    サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

    0800-805-7669

    24時間365日、日本全国受付中!

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中!
    ご相談窓口

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    ハウスクリーニング比較君の使い方

    • ご利用の流れ
    • よくあるご質問
    • お客様の声
    • 最新情報・レポート
    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。