ハウスクリーニング比較君トップページ  

最新情報・レポート > 

洗濯機にワカメがピロピロ!掃除と予防できれいにしたい人への参考書

最新情報・レポート

洗濯機にワカメがピロピロ!掃除と予防できれいにしたい人への参考書

洗濯機にワカメがピロピロ!掃除と予防できれいにしたい人への参考書

 

洗濯機のなかにワカメのような物体がくっついているのを目撃したことはありませんか。なかなか衝撃的な光景です。このワカメをそのままにしておくと人に悪影響を及ぼすおそれもあるので、見つけたらすぐに対処する必要があります。

 

この記事では、洗濯機に潜む謎のワカメの正体や発生する原因、洗濯機のお掃除方法からハウスクリーニングまでご紹介していきます。洗濯機のワカメが気になっている方、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

洗濯機に現れるワカメ的な物体は何者?

毎日洗濯をしているから洗濯機内部も当然キレイだろうと思ってしまいがちですが、実は洗濯機の内側が汚れていることがあります。

 

洗濯機の内側をよく見てみると、ワカメのような物体がくっついていることがありませんか。洗濯機にピロピロとはりついている謎のワカメの正体とは、いったい何なのでしょうか。

 

ワカメの正体

このワカメのような物体は、「黒カビ」です。洗濯機は、洗剤を使っているので汚れとは無縁に思えます。しかし、実はカビが繁殖しやすい場所なのです。

 

洗濯ものを出し入れするときに目に入る部分はキレイでも、蓋の内側など普段目につかない部分には、たくさんのカビがくっついているということもあります。

 

ワカメの発生原因

黒カビが生えてしまう原因は、洗濯機の構造にも関係があります。洗濯機の裏側には、カビのエサとなる洗剤カスや、洗濯物の汚れがついてしまいます。

 

そして、水分が付着している洗濯槽の内側は、湿度が高い状態です。これほどカビの好む条件がそろっている場所ですから、黒カビが繁殖しやすくなってしまうというわけです。

 

人への危険性は?

内部がカビなどで汚れている洗濯機で衣類を洗濯をすると、当然洗濯物にもその汚れが移ってしまいます。この目には見えないカビの付いた衣類やタオルを使用することで、皮膚にカビが触れてしまうのです。

 

また、カビを吸い込んでしまうことにもなりかねません。その結果、カビによるアレルギー症状を引き起こしてしまう危険性があります。カビなどの付着した洗濯機をそのままにしておくと汚れの宝庫となってしまうのです。すぐにでも汚れた洗濯機を洗浄したくなります。

 

【洗濯機の掃除1】ワカメ取りに使える洗剤は?

【洗濯機の掃除1】ワカメ取りに使える洗剤は?

 

このワカメの危険性を知ってしまったら、一刻も早くお掃除をして取り除きたいものです。洗濯機にこびりついたピロピロワカメを取り除くには、どのような洗剤を使用したらよいのでしょうか。ワカメ除去に効果のある洗剤3種類をご紹介します。

 

酸素系

洗浄力が強く、カビを分解して除去してくれます。きつい匂いがしないことが特徴です。ドラム型洗濯機は内部の構造が精密にできているため、分解した汚れが細部に詰まってしまう可能性があります。このため酸素系洗剤は、ドラム型洗濯機には使用できません。

 

塩素系

殺菌力が強く、カビを分解して取りのぞきます。きつい匂いがあり、酸性洗剤と混ざることで有毒ガスが発生してしまうため、使用には注意が必要です。市販されている洗濯槽クリーナーは、塩素系の洗剤となります。

 

重曹、クエン酸

重曹は人の持つ物質でできていて、胃薬などにも含まれています。クエン酸は、主に柑橘類に含まれる成分です。洗剤に比べて洗浄力は弱まりますが、どちらも口にすることができる成分なので、安心して使用することができます。こまめにお掃除をするのに便利です。

 

それぞれの特徴と、洗濯機の汚れ具合によって洗剤を使い分けると効果的でしょう。

 

【洗濯機の掃除2】ワカメ取りの手順

ここからは、縦型洗濯機で酸素系洗剤を使用した場合のお掃除の手順を紹介します。危険な黒カビであるピロピロワカメを取り除きましょう。

 

1.洗濯機の内側に付着した細かいゴミを取り除く

古い歯ブラシやスポンジ、布などを使って洗濯機のふたの内側や溝の部分に溜まっているホコリなどを取り除きます。洗濯機に投入する際にこぼれた洗剤が付着していることもあるので、しっかりふき取りましょう。

 

2.洗濯槽に酸素系洗剤と50℃程度のお湯を入れる

水に比べてお湯の方が酸素系洗剤の働きが活発になります。お湯は洗濯槽が満タンになるまで入れてください。その後、洗濯機を5分程度回します。

 

3.2~3時間放置する

洗濯槽内部の汚れがはがれてくるので、ワカメなどが浮いてきた場合はアミなどの道具を使ってすくい取ってください。汚れを取ってしまわないと、また手の届かないところへ戻ってしまう可能性があります。

 

4.すすぎ・脱水をする

まだ汚れが残っているようならもう一度、洗いから脱水をくり返してください。

 

5.最後は乾燥させる

洗濯機内部の水分をふき取って、蓋は必ず開けた状態にしてください。

 

これで、またワカメのいないキレイな洗濯機で毎日のお洗濯ができます。

 

【洗濯機の掃除3】洗濯槽以外の小物

【洗濯機の掃除3】洗濯槽以外の小物

 

洗濯槽内部のお掃除が済んだら、洗濯機に付属している部品もキレイにしていきましょう。

 

ゴミ取りネット

ゴミ取りネットは、中にゴミが溜まったまま放置すると溢れてしまいます。洗濯した衣類にゴミを付けてしまうことにもなるので、こまめにゴミを取り除いておきましょう。

 

ゴミ取りネット自体が汚れている場合には、古い歯ブラシなどを使って水洗いし、その後十分に乾燥させてください。

 

糸くずフィルター

ゴミ取ネットと同様に、たまったゴミを取り除きます。取りにくい汚れは、古い歯ブラシを使って水洗い後、水分をふき取ります。

 

排水ホース

あまり意識することのない場所ですが、排水に混ざったゴミが長い時間をかけて付着し雑菌が繁殖してしまうのです。洗濯機から排水ホースを外さずに、簡単にお手入れしましょう。

 

排水口の方からホースを外します。外したほうのホースの口からコップなどでホースに水を注ぎます。ホースの口を輪ゴムを使ってラップで塞いで、きちんと口を止めましょう。そうしたら、中の水をゆするようにして振ります。

 

その後、バケツなどに中の水をあけてください。ホース内部を完全にキレイにすることはできなくても、付着したゴミを落とすことができるので、臭いの予防にもなります。

 

ゴミ取りネットや糸くずフィルターはこまめに確認して、洗った洗濯物にゴミが付かないようにしておきましょう。

 

洗濯機にワカメを発生させないために

面倒なお掃除をしてキレイな洗濯槽になったら、もうワカメには会いたくないものです。きれいな洗濯機を維持するために、日ごろから気をつけておきたいことがいくつかあります。

 

使わないときは洗濯機のフタを開けておく

カビは湿気の多い場所を好みます。洗濯後、水分の残った洗濯機にフタをしてしまうと、ますます雑菌が繁殖してしまうので、洗濯機を使用した後には必ずフタを開けておきましょう。

 

汚れた衣服を入れておかない

洗濯かごを使わずに、汚れた洗濯物をそのまま洗濯機に入れて洗うまで放置するなんてことはありませんか。洗濯物に付いているホコリや皮脂汚れなどは、カビのエサとなってしまいます。カビの発生を防ぐために、汚れた洗濯物は洗濯かごに入れておきましょう。

 

洗剤類の使用量は守る

汚れたものをよりキレイに洗いたいと思って、多めに洗剤を投入してしまうことはありませんか。水の量に対して決められた洗剤の量より多く洗剤を入れてしまうと、溶け切らないことがあるのです。

 

残った洗剤もまた、カビのエサとなってしまいます。洗剤の使用量は適量を守りましょう。

 

洗濯槽乾燥機能を利用する

ドラム型洗濯機には、洗濯槽を乾燥する機能がついていることもあります。この機能を利用して、週に1回程度は衣類が入っていない状態で乾燥機能を使い、キレイな洗濯槽を維持しておきましょう。

 

洗い終わった洗濯物はすぐ取り出す

せっかくキレイになった洗濯物も、洗濯機のなかに放置されるほど雑菌が繁殖してしまいます。洗濯物も洗濯機にも菌をつけないために、洗濯後はすぐに中身を取り出しましょう。

 

月1で洗濯機を掃除をする

二度と洗濯機にワカメを生やさないためにも、月に1度は洗濯機のお掃除をしておきましょう。汚れは溜まってしまうほど、落とすのが大変になってしまいます。定期的にお掃除をしておけば、毎回のお掃除も簡単に済むのです。

 

危険なワカメにサヨナラをしたら、これらの予防も忘れずにおこないましょう。

 

洗濯機まるごと洗いたい!そんなときは業者がおすすめ

洗濯機のお手入れをしても臭いが取れない、汚れがひどくて自分では掃除しきれないという方には、業者へ洗濯機の洗浄を依頼してみてはいかがでしょうか。プロの手にかかれば、自分ではできない大がかりな洗浄で洗濯槽をキレイに仕上げてくれます。

 

プロのハウスクリーニング術

洗濯機の外側から内部、洗濯機の台座となる洗濯パンまでクリーニングしてくれます。パネルや脱衣層などの部品をすべて分解して洗浄するのです。

 

作業時間と料金の相場

分解洗浄やドラム型洗濯機によって違いはありますが、作業時間は2~3時間、料金相場は10,000円~20,000円です。

 

信頼できる業者の特徴

今ではハウスクリーニングを請け負う業者がたくさんあって、どこに依頼したらよいかと迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。業者選びのポイントとして料金が明確であることや見積もり後にキャンセルできるかどうか、自社HPがあるかなどの確認をしておきましょう。

 

依頼するときは、料金やサービスを比較してより信頼できる業者を選ぶとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。毎日使う洗濯機ですが、実は汚れやすい場所でもあります。

 

汚れた洗濯機を使用していると、キレイになったはずの洗濯物にもカビが移り、私たちの体にまで影響してしまうおそれがあるのです。健康被害を及ぼさないためにも、洗濯機の洗浄は不可欠となります。

 

汚れをためて、あとで大変なお掃除をしなくても済むように、こまめにお手入れをしておくとよいでしょう。月に1度なら、無理なくお掃除することができます。ワカメに出会うことがないように気をつけたいものです。

 

ご自分でのお掃除に限界を感じたときには、業者に依頼してみるのもひとつの手段です。数ある業者のなかから、希望にあった業者を探してみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7669

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

ハウスクリーニング比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。