ハウスクリーニング比較君トップページ  

最新情報・レポート > 

ソファーをクリーニングする3つの方法!掃除の頻度や費用相場

最新情報・レポート

ソファーをクリーニングする3つの方法!掃除の頻度や費用相場

ソファーをクリーニングする3つの方法!掃除の頻度や費用相場

ソファーは、私たちのくつろぎの場。でも、毎日使うものだからこそ汚れが気になりますよね。汚れてしまったソファーをそのまま使うのもなんだか気分がよくないですし、肌に触れるものだからこそ清潔に保ちたいものです。

でも、いったいどうやってソファーをきれいにしたらいいのでしょう?今回は、そんな疑問にお答えして「ソファーのクリーニング」について解説してまいります。

ソファーのクリーニングによって得られる効果や、おすすめする頻度。ご自身でおこなっていただけるソファーのお手入れ方法までご紹介いたしますので、ぜひ参考にされてみてください。

ソファーをクリーニングする頻度や効果

さっそくソファーのクリーニングについて解説していきます。おすすめするクリーニングの頻度や得られる効果をわかりやすくまとめてみました。

1年に1回程度のクリーニング

毎日使うソファーには皮脂汚れや皮膚、アカ、ホコリなどさまざまな汚れが付着しています。付着した汚れを放置していると、汚れが落としにくくなるだけではなくカビやダニが発生してしまうこともあります。同時に、ソファーが傷むスピードも速くなるのですよ。

ソファーの劣化を防ぎ、長期間使用するためには定期的なクリーニングの必要があるのです。もちろん、頻繁にクリーニングができればよいですが、そうもいきませんよね。ソファーを清潔に保つことのできる目安として、年に1回程度はクリーニングすることをおすすめします。

汚れの清掃やダニ退治で長持ちさせる

ソファーのクリーニングで得られる効果は、汚れの掃除とダニの退治です。普通に使用していても付着してしまう皮脂汚れや皮膚、アカ、ホコリなどの汚れから、ついこぼしてしまった飲み物や食べ物の汚れ。

それらは、ソファーの劣化の原因になります。ソファーの劣化の原因となる汚れは、クリーニングによって一掃することができるのです。

また、私たちの目には見えないダニの心配もクリーニングによって解消します。普段使うソファーには湿気がこもっていますし、また皮脂汚れなどダニのエサとなる汚れが多くあるので、ダニが繁殖するには最適な環境なのです。

ダニがソファーで繁殖していては、体が痒くなったり刺されてしまったりすることもあります。ソファーを衛生的に、健康的に使っていくためにもクリーニングが必要です。

ソファーをクリーニングする3つの選択肢

ソファーをクリーニングする3つの選択肢

ソファーをクリーニングするには、3つの方法があります。1つずつ解説してまいりますので、ご自身に合った方法でクリーニングしましょう。

店舗クリーニングの特徴

1つ目は、クリーニングを行ってくれる店舗へソファーを持ち込む方法です。ソファーのクリーニングは自宅へ出向いてもらうのが一般的ですが、自宅に業者を招くことに抵抗がある方は自らソファーを持ち込むこともできます。

クリーニングはおおよそ2~3時間程度で完了することが多く、その日にソファーを持ち帰ることができる場合がほとんどです。作業員の出張費がかからないことから、ハウスクリーニングよりも安い費用で依頼することが可能です。

ハウスクリーニングの特徴

2つ目は、業者を自宅へ招きソファーのクリーニングをしてもらう方法です。電話やメールで作業日程を予約しておくと、当日作業員が訪問しソファーのクリーニングをおこなってくれます。

クリーニングは3時間程度で完了することが多く、また掃除完了後はすぐにソファーを使うことが可能です。業者によっては出張費や駐車料金を支払う場合がありますので、店舗型クリーニングよりも費用がかかることが多いです。

ハウスクリーニングに依頼する場合は、具体的な見積りを出してもらいましょう。

軽い汚れなら自分で掃除する

3つ目は、ソファークリーニングを業者に依頼せず自分で掃除する方法です。業者ほど完成度の高い掃除をご自身で行うのは難しいですが、手間をかければ自分で行うことも可能です。

ホームセンターなどでソファークリーナーという商品が販売されていて、これにはスプレータイプやシートタイプのものがあり、ソファーの除菌や消臭といった効果があります。布タイプのソファーだけでなく、合成皮革のソファーに使えるものもありますから試してみましょう。

また、ソファーの隙間や溝に入り込んだホコリやゴミは、掃除機についた細いノズルで吸い取ることで、ある程度きれいに取り除くことができます。

ただし、染み込んでしまった頑固な汚れなどは自分での掃除では落とすことが難しいです。しっかりと掃除をしたいのなら、やはり業者に依頼することをおすすめします。

ソファーのお手入れ方法

年に1度のクリーニングだけでもよいのですが、なるべくならソファーはきれいに保ちたいですよね。普段から行えるソファーのお手入れ方法についてご紹介いたします。

ソファーのお手入れ方法1【布の場合】

まずは、必要な道具をご用意ください。掃除機、重曹、中性洗剤にタオルです。用意ができたら、さっそくお手入れを始めましょう。

まずは掃除機でゴミやホコリを吸い取ります。その際、細いノズルを使ってソファーの隙間や溝まで丁寧に吸い取ってください。そして、重曹を粉の状態のままソファーにまんべんなく振りかけ数時間放置します。

その後、重曹を掃除機で吸い取りましょう。次はソファーのシミ落としです。タオルに中性洗剤を少しつけて、シミの部分をポンポンと軽く叩きます。

シミの外側から内側に向かって落としていくことがポイントとなります。シミを落としたら、最後に濡らしたタオルで水拭きしてクリーニングは完了です。

カバーが外せるタイプのソファーであればそのままカバーを洗濯した方がよいのですが、取り外すことができない場合は、上でご紹介したように重曹を使用しましょう。人にも環境にも優しいアイテムですので、安心してご使用ください。

ソファーのお手入れ方法2【合成皮革の場合】

合成皮革の場合は、洗濯用洗剤にタオル2枚、重曹とメラミンスポンジをご用意ください。用意ができたら、さっそくお手入れを始めましょう。

まず、固く絞った濡れタオルに洗濯用洗剤を少量つけ、ソファー全体を拭き上げます。シミが落ちにくいところは、重曹水(水100ミリリットルに対し重曹を小さじ1杯混ぜたもの)を吹きかけて、メラミンスポンジでこすります。

シミを落としたら、濡らしたタオルで水拭きしましょう。最後に、もう1枚用意していたタオルで乾拭きすればクリーニングは完了です。

合成皮革の場合、素材や色によって変色してしまう恐れがありますので、お手入れ前にソファーの目立たない場所で変色しないか確認をしてから行うと安心です。

ソファーのお手入れ方法3【本革の場合】

本革のお手入れの場合、濡れてしまうと繊維が固くなり型崩れを起こしてしまうので水や洗剤を使うことは厳禁です。レザークリームを用意しましょう。ホームセンターや家具店などで、本革のソファーに使うことのできるレザークリームが販売されています。

レザークリームの使用方法は商品によって異なる場合がありますので、記載された説明や注意書きをよく読んでお手入れを行うようにしてください。

ダニ退治もしよう

自分でお手入れを行う際にも、ダニ退治をしておくと安心です。スチームアイロンと掃除機を用意してください。用意ができたら、スチームアイロンの温度設定を「高」にして、ソファーから数センチ浮かせてスチームを当てましょう。

この作業はササっと終わらせるのではなく、ゆっくりと熱を浸透させながらおこなってください。

この作業により生きているダニを死滅させることができるのですが、ソファーにはダニの死骸や糞が残っている状態です。ダニの死骸や糞を除去するために掃除機をかけましょう。これで、ソファーのダニ退治は完了です。

本格掃除ならハウスクリーニング業者が便利!

本格掃除ならハウスクリーニング業者が便利!

ご紹介したように、ご自身でもソファーのクリーニングをおこなうことは可能です。ですが、やはり自分では落としきれない汚れやシミは残ってしまうかもしれません。

本格的な掃除を希望されるのなら、クリーニング業者に依頼しましょう。とくに、ハウスクリーニングであればご自身の手間がかからずおすすめです。

ソファーの移動不要&安心作業

ハウスクリーニングであれば、面倒なソファーの移動などご自身で手間をかけることなくクリーニングが完了します。しかも、作業してくれるのは経験豊富なプロですので、安心して作業を任せられるというのも大きなメリットです。

ご自身で汚れを落とそうと、あれやこれや悪戦苦闘し、傷をつけてしまったりシミを拡大させてしまったり……プロならそんな心配もいりません。大切に使っているお気に入りのソファーであれば、安心して任せられるプロへの依頼をおすすめします。

事前にシミや穴の有無を伝えておこう

ひどい汚れがある場合は、作業前に伝えることで念入りにシミ抜きをしてもらえるかもしれません。できれば、作業前のソファーのシミや穴などの状態を双方が確認しあっておくこともおすすめします。

そうすることによって、作業後に「こんな汚れはなかった!」「こんな傷はなかった!」といったトラブルを防ぐことができるからです。

まとめ

今回は、ソファーのクリーニングによって得られる効果や、ご自身で行うことができるソファーのお手入れ方法などご紹介してまいりました。年に1回程度、本格的なクリーニングをすることでソファーの汚れを落とし劣化を防ぐことができます。

また、ご自身でできるお手入れ方法はソファーの材質によって異なりますので、かならずご家庭にあるソファーの材質に合った方法を選んでください。定期的なクリーニングとご自身でのお手入れによって、愛用のソファーと長いお付き合いをしましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7669

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

ハウスクリーニング比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ