ハウスクリーニング比較君トップページ  

最新情報・レポート > 

ガスコンロの掃除方法は部品ごとに違う!

最新情報・レポート

ガスコンロの掃除方法は部品ごとに違う!

ガスコンロの掃除方法は部品ごとに違う!

みなさんは、ガスコンロの掃除をどれくらいの頻度でしていますか?

普段から使用する機会が多い分、汚れが目立ってくると気になってしまいますよね。でも気が付くのは料理中、ついつい掃除は後回しになり、気付けばすっかり頑固な汚れに……。いざ掃除を始めようと思っても、ガスコンロの効率のよい掃除方法がわからないというかたも多いのではないでしょうか。

「頑張って掃除をしてみたけれど、こびりついた汚れや焦げがなかなか取れない……」と手強い汚れに困ってしまうことも多いでしょう。

この記事では、そういった悩みをもっている方に向けて、ガスコンロの掃除方法を部品ごとにご紹介していきます。

【ガスコンロの掃除1】五徳をきれいにする方法

ガスコンロの掃除をするときは、パーツごとに分けて掃除することが大切です。まずは、五徳から掃除を始めてみましょう。

五徳につきやすい汚れ

五徳につきやすい汚れは、油汚れと焦げ付き、食材のこびりつきの3種類です。五徳は複雑な形状をしていることが多く、頑固な汚れが付いてしまうと掃除に手間がかかってしまいます。

五徳の掃除方法1【アルカリ電解水】

五徳に付いている汚れが油汚れである場合、アルカリ電解水を使用して掃除するのがおすすめです。油汚れは酸性の汚れであるため、アルカリ性の洗剤でしっかりと落とすことができます。

まずは、取り外した五徳を食品保存用のプラスチック袋に入れてください。五徳を袋に入れたら、袋の中にアルカリ電解水を10回程度噴霧して、50℃くらいのお湯を五徳が浸かる程度まで入れます。そのまま、袋の空気を抜きながらチャックを閉じて、15分ほど浸け置きします。

浸け置きが終わると五徳に付いていた汚れが浮き上がってくるので、いらない固めのカードなどを使って汚れを擦り落としましょう。一通り汚れを擦り落としたら、仕上げに台所用のスポンジを使って五徳全体を擦ります。

以上の作業が終わったら、五徳を水でしっかりと洗い流して、タオルで水気を取ったあと乾かして終了です。

五徳の掃除方法2【重曹】

油汚れを含めた頑固な汚れを落としたいという場合、重曹を使用して掃除するのがおすすめです。まずは、五徳が入るサイズの鍋に重曹水を作って入れます。このとき水1Lに対して、重曹大さじ2杯を加えて水を温めてください。

重曹水が沸騰したら五徳を鍋の中に入れて、5分ほど過熱します。過熱が終わったら、重曹水と五徳が冷めるまで放置してください。冷めたことが確認できたら、台所用のスポンジと歯ブラシを使って、細かいところまで擦って汚れを落とします。

最後にしっかりと水で洗い流して、乾かしたら終了です。

【ガスコンロの掃除2】バーナー部分をきれいにする方法

【ガスコンロの掃除2】バーナー部分をきれいにする方法

バーナーはガスコンロの中でも、火を出すために欠かせない部分です。バーナーは火を出す部分ですので、油汚れが炭になって焦げ付きやすくなっています。

この焦げ付きを掃除せずに放置してしまうと、火が思わぬ動きをして危険なので、しっかりと掃除しておきましょう。

バーナーにつきやすい汚れ

バーナーにつきやすい汚れは五徳と同じく、油汚れと焦げ付き、食材のこびりつきの3種類です。しかし、バーナーの場合は火がもっとも近い場所ですので、油汚れが火によって焦げ付き、頑固な汚れになりやすいのです。

バーナーの掃除方法

まずは、バーナーキャップを取り外して歯ブラシと洗剤を使って汚れを掻き出します。汚れを掻き出すことができたら、水で洗い流して乾かしてください。バーナーキャップの掃除が終わったら、次にバーナー本体と温度センサーを掃除します。

どちらも取り外すことはできないため、全体的にやわらかい布などを使って、汚れを拭き取ってください。バーナーの穴に付いている汚れが気になる場合は、竹串などを使って掃除しましょう。

バーナーを掃除する際の注意点

バーナーの周りには、細かい部品がたくさん設置されているため、慎重に掃除をおこなう必要があります。無理やり力任せに掃除してしまうと、これらの細かい部品を傷つけて故障の原因となってしまうのでご注意ください。

【ガスコンロの掃除3】天板をきれいにする方法

天板部分は、料理中の汁や油などがもっとも飛び散りやすい場所です。そのため、天板は油汚れが蓄積しやすくなっています。掃除しやすい場所でもあるので、目立った汚れはしっかりと落としておきましょう。

天板の掃除方法

まずは、天板全体にうっすらと重曹をまぶしてください。重曹をまぶし終わったら15分ほど放置して、重曹が天板の汚れを浮き上がらせるのを待ちます。15分ほど経ったら固く絞った濡れ雑巾で重曹と一緒に汚れを拭き取っていきます。

最後に雑巾をすすいで、天板に残った重曹をきれいに拭き取って終了です。

天板の掃除をおこなうときの注意点として、天板の種類によっては強く擦ることでコーティングが剥がれてしまう、ということがあります。

とくに、固めのスポンジなどを使って掃除をする場合は、コーティングが剥がれやすくなってしまいます。そのため、天板に使用されている素材をしっかりと調べたうえで掃除するようにしましょう。

焼きついたしつこい汚れはプロに見てもらおう!

焼きついたしつこい汚れはプロに見てもらおう!

ガスコンロの掃除は自分でも可能です。しかし、焼きついてしまった頑固な汚れを自力で落とすのは非常に大変です。そんなときは、業者に依頼するのがおすすめです。

無料で現地調査!細かい見積りが確認可能

業者に依頼するメリットとして、無料で現地調査をしてくれるところが多いことが挙げられます。現地調査をしてもらうことで、必要な作業を見極めることができ、正確かつ細かい見積りを確認することが可能できます。

また、自分では落とすことのできない頑固な汚れであっても、しっかりと落としてもらうことができるでしょう。掃除の道具を準備する必要もなく、実際に掃除する手間を省くことができるという点も魅力的です。

キッチンの掃除を依頼した際の費用相場

キッチンの掃除を業者に依頼した場合にかかる費用は、約12,000円から25,000円あたりが相場のようです。業者によっては、ガスコンロの清掃だけではなく、レンジフードとシンクの掃除までをセットにしたお得なプランを提供しているところもあります。

ガスコンロのみなど一か所だけの掃除であれば12,000円程度、キッチン全体の掃除で25,000円程度の価格に設定している業者が多いでしょう。

普段の掃除できれいに保つ方法

業者にガスコンロの掃除を依頼してきれいにしてもらったあとは、少しでもその状態を長く保ちたいですよね。でも、そのまま今までと同じように使用し続けていると、また頑固な汚れがこびりついてしまうおそれがあります。

そのため、業者にきれいにしてもらったあとでも、普段から掃除をしてきれいな状態で保つようにしましょう。

きれいに保つための掃除方法

普段からの掃除方法は、さきほど紹介した方法とそれほど違いはありません。掃除したい部分の汚れによって、アルカリ電解水や重曹水を使って掃除をおこなってください。

掃除する頻度としては、夕食後に毎日おこなうのが望ましいでしょう。

ですが、どうしても毎日掃除するのが難しいというかたは、できるだけ一週間に一度は掃除するようにしてください。一ヶ月に一度という頻度になってしまうと、汚れがこびりついてしまうことが多く、掃除によけいな手間がかかってしまいます。

まとめ

ガスコンロの掃除は、自分ですることが可能です。五徳やバーナーなどガスコンロを部分ごとに分けて、汚れの種類にあわせてアルカリ電解水や重曹を使用することで、きれいに掃除することができます。

しかし、焼きついてしまったしつこい汚れの場合、自分では落としきれないことがあります。そういった場合は、プロにガスコンロの掃除を依頼するのがおすすめです。

業者であれば、どんなに頑固な汚れであっても、きれいに掃除をしてもらうことができるでしょう。また、掃除の道具や実際に掃除をする手間も省くことができる点も魅力的です。

ガスコンロの掃除をお考えのかたは、試しに相談してみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7669

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

ハウスクリーニング比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ