ハウスクリーニング比較君トップページ  

最新情報・レポート > 

必見!一人暮らしで掃除法がわからない方|基本的な掃除方法を大公開

最新情報・レポート

必見!一人暮らしで掃除法がわからない方|基本的な掃除方法を大公開

必見!一人暮らしで掃除法がわからない方|基本的な掃除方法を大公開

一人暮らしの掃除って、意外と面倒くさいですよね。「自分の時間を大切にしたいから、とっとと終わらせたい!」「いつでもきれいな状態に保っておきたい!」と思う反面、「何から始めればいいのかわからない……」と悩んでしまうことも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、一人暮らしを始めたばかりの方や、面倒くさくてなかなか掃除をする気になれないという方に、とっておきの情報を公開いたします。

快適な生活を送るために、ぜひ参考にしてみてください。

【お部屋編】一人暮らしの掃除法

一人暮らしで掃除を始めようとしても、「どこから手をつけたらよいのかわからず、なかなか作業が進まない……」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ホコリが中心となるリビングや寝室の汚れは、どのようなアイテムで掃除をしていけばよいのでしょうか。また、見落としがちなベランダにはどう対応していけばよいのでしょうか。この章では、それらについてご紹介していきます。

掃除の頻度は週1が目安

一人暮らしの場合、ゴミやホコリが毎日そんなに大量に出るわけではないと思います。ですが、少しずつたまっていくのもまた事実。

ホコリなどがたまりすぎてしまうと、アレルギーなど、身体に悪影響が出てきてしまうケースもあるでしょう。こうした身体への悪影響は、掃除をするだけで未然に防ぐことができます。

できる範囲で構いませんので、室内の掃除はご自身のためにも週1回ほどのペースで取り組んでいきましょう。

掃除は毎日やろうとすると、焦りなどから続かなくなってしまいます。気づいたときにすぐ掃除できる環境にしておけば、清潔な状態を保てますよね。

過ごしやすい環境づくりのためにも、掃除に便利なアイテムを手の届きやすいところに配置しておき、いつでも掃除ができるようにしておくとよいでしょう。

お部屋掃除に便利なアイテム

学校や職場から疲れて帰ってきて、掃除機のコンセントをさすことさえ面倒に感じてしまうときはありませんか?そんなときにも気軽に掃除に取りかかることのできるアイテムといえば、フローリングワイパーです。

フローリングワイパーは、ホコリを舞い上げることなくキャッチできるので、便利かつ楽に掃除することが可能です。安価で購入できることもあり、一人暮らしの掃除には必需品といえるでしょう。

リビング

一人暮らしのリビングは、家族で住んでいる家よりもゴミやホコリの出る量が少ないので、充電式のハンディークリーナーを使ってお掃除するのがおすすめです。

電源コードのあるタイプより吸引力は劣りますが、コードレスで軽量設計なのでどの部屋にも気軽に持ち運びができます。

また帰宅時間が遅い方には、先ほどご紹介したフローリングワイパーを使ってお掃除するのがおすすめです。掃除機と違って騒音がしないので、帰宅時間が遅くても、近隣住民に気を使うことなくお掃除することができます。

フローリングワイパーを使ってリビングを掃除するときは、まずはじめにワイパーで部屋全体を一度軽く拭きましょう。1枚のシートを使いすぎると付着力がなくなり、あまり効果が発揮できなくなってしまうので、こまめに新しいシートに取り替えるようにしてください。

全体的にフローリングワイパーをかけたら、あとは部屋の細かいところを拭いていくだけです。

なお掃除機を使って掃除をする場合には、フローリングワイパーを先に使っておくと、ゴミやホコリを舞い上がりにくくさせることができます。

寝室

布団は、寝ている間に人間がかいた汗を大量に吸い取っているため、そのままにしておくと、カビや細菌が発生してしまうことがあります。また布団にはダニも繁殖しやすいので、数が増える前に駆除しないと、アレルギーを引き起こす原因にもなってしまうでしょう。

したがって、布団は定期的に天日干しするようにしてください。そして部屋の中に取り込んだら、布団を掃除機で吸い込むようにします。そうすることにより、天日干しによって死滅したダニの死骸を取り除くことができるのです。

ベランダ

掃除をする上で見落としがちな場所として、ベランダがあります。雨や風などでゴミや汚れがいつの間にか蓄積してしまう場所ですので、穂先が丈夫なホウキを使ってこまめに掃き掃除をするようにしましょう。

汚れがたまっているベランダの場合だと、雨があがった次の日などに地面がドロドロになってしまうこともあります。無理に掃除しようとすると道具が傷んでしまったり、飛び散ってしまうかもしれませんので、その場合は乾いてからおこなうようにしましょう。

【キッチン編】一人暮らしの掃除法

【キッチン編】一人暮らしの掃除法

次にご紹介するのは、一人暮らしのキッチンの掃除方法についてです。一人暮らしをするにあたって自炊を始めたという方の中には、キッチンの掃除方法に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この章では、どれぐらいの頻度でキッチンを掃除していけばよいのかといったことや、持っておくと便利なアイテム、汚れやすい場所などをご紹介していきます。

掃除の頻度は週1が目安

水回りはできる限り毎日拭き掃除をしたほうがよいですが、細かい部分は毎日やる余裕のない方がほとんどだと思います。

効率的にキレイな状態を保つためには、以下のように、自分なりのルーティンを決めて実行していくとよいでしょう。

(例)

  • 月曜日→冷蔵庫・電子レンジ・ガス台
  • 火曜日→シンク・排水口

曜日ごとに場所を決めることで、それぞれの場所を週1回のペースで掃除することができます。

キッチン掃除に便利なアイテム

キッチンの汚れには、使用するたびに蓄積していく水垢や、油汚れなどがあります。汚れがついてからすぐに掃除に取り掛かることができる場合は、食器を洗うときに使用する洗剤を活用することも可能です。

 

しかしすぐ掃除に取り掛かることができず、つい汚れを放置してしまう場合もあるでしょう。そうなると、汚れがこびりついてしまい、食器用洗剤では取れなくなってしまうこともあります。

そのような場合は、メラミンスポンジを使ってみましょう。洗剤を使わず磨くことができるメラミンスポンジは、比較的どこにでも使えるので、とても便利なアイテムといえます。

黄ばみなどもメラミンスポンジで磨いていけば、元の姿に近い状態まで戻すことが可能です。ただしスポンジはボロボロになってしまうと効率よく掃除ができないので、その場合はすぐに取り替えましょう。

シンク

キッチンで頻繁に使用するところといえば、シンクです。水垢はとても頑固な汚れですので、こまめに掃除をしておく必要があります。

ただし、垢を落とそうと思って強くこすりすぎるとシンクに傷をつけてしまう可能性があるため、注意が必要です。こすり洗い専用のスポンジを使って優しく磨いていきましょう。

排水口

意識して生ごみ入れに入れようとしても、細かい食べ残しなどは排水口に流れ落ちていってしまうことがあります。毎日する必要はありませんが、排水口は定期的にお手入れをしないと、つまりの原因になり、悪臭がしてきてしまうこともあるでしょう。

悪臭は自分の部屋にとどまるだけでなく、外にも漂っていることがあります。周囲の人たちにまで不快な思いをさせてしまうことになるので、気をつけてください。

排水口に食べ残しなどが流れていってしまうことを防ぐために、ネットを張る方法があります。これをおこなうだけでも十分に効果は期待できますが、それでも細かい食べ残しなどは蓄積してしまうことがあるので、注意しましょう。

ガス台

ガス台の中で気になるポイントといえば、“油のはね”です。こちらも蓄積していくと本当に頑固な汚れとなってしまいます。

油のはね汚れには、重曹を使用するのがおすすめです。使用する重曹はスプレータイプのものではなく、粉末状のものがよいでしょう。水と混ぜてペースト状にした重曹を頑固な汚れの上につけておくと、汚れが浮いてきます。

そして、浮いた汚れを拭いたら終わりです。

ガス台をキレイにしておくと、次に料理をするときのやる気につながります。意識して掃除に取り組むようにしましょう。

その他

その他、キッチンにある家電製品も汚れがつきやすいものです。以下にお掃除方法を簡単にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

~電子レンジ~
油汚れは非常に頑固で取れにくく、放っておくと完全には落とすことができなくなってしまいます。重曹を使って掃除をすると、こびりついたニオイを落とすことができるので、積極的に活用していきましょう。

~炊飯器~
内釜にこびりついた乾いた米粒を無理に取ろうとすると、コーティングが剥がれてしまうことがあります。コーティングが剥がれてしまうと、余計に米粒がこびりついてしまうという悪循環に陥りますので、たわしなどを使ってこすり洗いをするのは避けましょう。

~冷蔵庫~
ニオイの強い食品を入れておくと、冷蔵庫本体にそのニオイがついてしまうことがあります。他の食品にニオイが移ってしまうのはもちろんのこと、開閉の際に部屋にニオイが漂ってきてしまったら困りますよね。

普段からニオイの強い食品は密閉容器で保存するなど、対策をおこなうようにしてください。

もし現時点でニオイがひどいということであれば、小さい容器に重曹や備長炭を入れ、冷蔵庫内に設置しておくとよいでしょう。ニオイを除去する効果があります。

また、冷蔵庫内で調味料や食品の汁が垂れてしまったことに気づかなかったり、放置したままにしておいたりすると、こびりつきの原因になります。

こびりついた汚れを落とすときは、一度冷蔵庫の中身をすべて出してから汚れのひどい部分に重曹スプレーを吹きかけて、そのまま置いておきましょう。しばらくして汚れが浮いてきたら、布などで拭き取ってください。

なお汚れとは別ですが、冷蔵庫に発生した結露も、放っておくと十分に冷蔵・冷凍がされなくなってしまい、機能面で不具合が出てきてしまいます。

冷蔵庫の結露は、調理後の食品を温かいまま冷蔵庫に入れることなどによって、冷蔵庫内の温度が上昇すると発生してしまうことがあります。結露が発生しているのを見かけたら、そのつど拭き取っておくとよいでしょう。

~換気扇~
換気扇の手入れに関しては週1回でなくても構いません。しかし油汚れの上にホコリがかぶると、ベトベトしたしつこい汚れになってしまうことがあるので、定期的に取り外して掃除をしたほうがよいでしょう。

換気扇の汚れはガス台と同様に、重曹ペーストを塗っておくと汚れを浮かせることができます。

【浴室編】一人暮らしの掃除法

次にご紹介するのは、浴室の掃除方法についてです。一人暮らしの浴室掃除はどれくらいの頻度でおこなえばよいのでしょうか。また、掃除をするにあたってどんな道具を使用したらよいのでしょうか。

この章では、それらについてご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

掃除の頻度は毎日が理想

浴室は頻繁に掃除をしないとカビや水垢汚れがどんどんたまっていってしまうため、気づいたときには落ちにくくなっていることがあります。

また浴室は、湿度が高いのでカビの他にもさまざまな菌が繁殖しやすい場所です。カビや菌の繁殖は身体に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。カビや細菌の繁殖を防ぐためにも、毎日掃除をするのがおすすめです。

浴室掃除に便利なアイテム

浴室掃除に使える優秀なアイテムといえば、重曹です。カビの発生予防にも使えるので一石二鳥といえます。

浴室で重曹を使って掃除をする際は、重曹ペーストを汚れた部分に塗り少し置いておくと、中まで浸透して取れやすくなります。

浴槽

浴槽の汚れでとくに気になるのはヌメリです。浴室で繁殖した細菌から出る分泌液が、ヌメリになります。節約のために浴槽にお湯を張らないという方もいるかもしれませんが、たとえ使っていないとしても気づかない間にせっけんの泡や水が飛んでいますので、掃除は欠かせません。

掃除をするときは、まずシャワーで浴槽全体を洗い流します。そして洗剤を適量かけたら、ブラシやスポンジなどでこすり洗いをしましょう。排水栓などの細かい部分には、使用済みの歯ブラシなどを活用すると汚れが落ちやすくなるため、おすすめです。

床や壁

体や髪を洗っていると、気づかない間にいたるところにせっけんの泡が飛び散っています。それをそのまま放置しておくと、こすっても簡単に落とせなくなってしまいます。

・壁
予想外の位置に泡が飛び散っていることが多いのが壁です。とくに髪の毛を洗っているときは飛び散りやすいので、お風呂から出るときに、壁の上のほうから順番にシャワーで泡を流しておきましょう。

・床
お風呂から出る前に必ずシャワーで床全体を洗い流すようにします。それによって、飛び散った泡が蓄積されることなく、掃除の際も楽に汚れを落とすことができるでしょう。

排水口

洗髪することにより抜けた髪の毛がたまってしまうと、こちらもキッチンの排水口と同じくつまりや悪臭の原因になります。なお排水口掃除が面倒という方には、市販の“排水口に貼るテープ”を使用するのがおすすめです。

これを使えば、髪の毛がたまったときにテープを交換するだけでよいので、簡単にきれいな状態を保つことができます。

その他

その他、見落としがちなのがシャワーヘッドの汚れです。外側はキレイでも、内側はカビや水垢だらけなんてことも。身体の清潔を保つために洗っているはずなのに、気づかない間にカビや水垢を浴びていると思ったら恐ろしいですよね。

掃除をする際は、洗面器などの容器に水を張り、そこに重曹とクエン酸を加えます。洗面器に混ぜ合わせたらシャワーヘッドを入れ、つけ置き洗いをしましょう。

「なぜ重曹とクエン酸を使うの?」と思う方もいるかもしれませんね。重曹は、水に溶けにくく、油を分解できる効果があるのです。またクエン酸には、せっけんカスを落とす効果や、菌の繁殖を防ぐことのできる効果があります。

さらに、共通して消臭効果もあります。重曹とクエン酸は、菌の繁殖によるニオイが気になる場合にも役立つのです。

【トイレ編】一人暮らしの掃除法

【トイレ編】一人暮らしの掃除法

「トイレの汚れは便器の中だけでしょ?」と思っている方もいるのではないでしょうか。実はそうではないのです。

この章では、一人暮らしのトイレ掃除の頻度や、掃除に使える便利なアイテム、どこを重点的に掃除していったらよいのかをご紹介していきます。

掃除の頻度は週1が理想

どうしてもトイレの掃除となると気がめいってしまいますよね。ですが、週1回ぐらいのペースで掃除をしないと菌が繁殖してしまい、ひどい場合はトイレだけにとどまらず部屋にまで悪臭が漂ってきてしまうなんてことも……。

トイレ掃除に便利なアイテム

トイレ掃除の際には、市販の“トイレ掃除用のウエットシート”を活用するのがおすすめです。トイレ掃除用のウエットシートはそのほとんどが、使用後にトイレに流せるというものになっています。

手が荒れないようになっているものもありますが、肌が弱い方は念のためにゴム手袋を着用して使用するようにしましょう。

便器

汚れがわかりやすくつくのが便器ですが、便器の裏は見落としがちな汚れポイントです。流した後にはね返ってくる水などで垢ができてしまい、カビが繁殖してしまう原因になります。

浴室編でもご紹介いたしましたが、重曹はとても万能なのでトイレ掃除にも役立ちます。便器の掃除に使う場合はスプレータイプのものだと、汚れに直接吹きかけることができるので便利です。

トイレの床は範囲が狭い上に出入りの頻度も高いので、想像以上にホコリがたまりやすいです。

また、掃除機だと大きくて小回りが利かず、なかなか便座の後ろ側を掃除することができません。ハンディークリーナーなどを利用して、隅々までキレイにしましょう。

そして、男性はとくに床への飛び散りも気になるところだと思います。目に見えないからといって床に飛び散った尿をそのまま放置しておくと、菌が繁殖してしまうので注意が必要です。

悪臭の原因につながったり、べたついたりするなどの原因にもなりますので、定期的にウエットシートなどでしっかりとキレイにしましょう。

掃除をするときはここに注意!

実際に掃除をするとなったとき、どこに注意して取り組めばよいのでしょうか。ここからは服装への注意の仕方や、洗剤の扱い方などをご紹介していきます。掃除をする際にはぜひ参考にしてみてください。

汚れてもよい服装で掃除をする

落とした汚れが服につくと、洗濯をしても取れなくなってしまうケースがあります。漂白剤などを使って掃除をすると、洋服の色が抜けてしまう恐れもあります。ですので、汚れてもよい服装で掃除をするようにしましょう。

洗剤の扱いには気をつける

種類によっては混ぜてはいけない洗剤もあります。場合によっては発生した塩素ガスの影響で死にいたるケースも。そうならないためにも、塩素系のものと酸性のものを混ぜるのは絶対にやめましょう。

手袋やマスクをする

漂白剤は素手で触ってしまうとヌメヌメしてしまったり、手荒れにつながったりしてしまいます。したがって、掃除の際はなるべくゴム手袋の着用をしましょう。

また、掃除の際にホコリが空気中に舞うことで、アレルギーを発症してしまうおそれがあります。空気中に舞ったホコリを吸い込まないように、必ずマスクを着用するようにしましょう。

汚れがたまる前に掃除する

人によって汚れ方や汚れるスピードは異なります。落とすのに面倒な汚れがたまっていってしまう前に、こまめに掃除をすることをおすすめします。

おうちをもっとキレイにするコツ

一口に“掃除”といっても、やり方はさまざまです。おうちをもっとキレイにするためには、1日のうちどのタイミングでおこなえばよいのか、どのような順番で進めていけばよいのか、気になりますよね。この章ではそれらについてご紹介していきます。

「一人暮らしだけど掃除は欠かさずやっている。でも何か他にやりやすい方法はないのか?」そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

掃除しやすい環境をつくっておく

床に物が散らばっているとサッと掃除に取り組むことができないので、日頃から片づけておきましょう。また、物が多すぎるのも掃除がはかどらない原因になってしまうので、定期的に要らない物を捨てておくのが望ましいです。

掃除する場所に掃除道具を置いておく

汚れを見つけて後回しにせずサッと掃除するためには、掃除道具をすぐ取り出すことのできる位置に置いておくことがポイントとなります。極力、汚れやゴミが多くたまる位置に道具を置いておくとよいでしょう。

掃除は朝おこなう

寝ている間に空気中に舞っていたホコリが床などに落ちています。朝起きてから掃除をすれば、より多くのゴミやホコリを取ることができるでしょう。

また、夜遅くに帰宅する方は朝しておくと、近隣への騒音を気にする必要がありません。帰宅後もゆっくり休むことができます。

どれだけ掃除するのかを事前に決める

「この日にこれだけ掃除しよう!」と思っても、なかなか手が進まず結局やめてしまうなんてこともありますよね。一度にすべての場所をキレイにしようと思わず、「今日はキッチンだけ」「明日は浴室」など、区切りをつけて取り組むと精神的にも体力的にも負担を減らすことができます。

掃除の順番に気をつける

いきなり床の掃除から取り組んでいませんか?カーテンレールやタンスの上などの高所を先に掃除し、ゴミやホコリを床に落としてから全体をやらないと、二度手間になってしまいます。

物と壁の間などのすき間にホコリがたまっている場合もあります。清潔な状態を保つためには、こうしたすき間もこまめに確認して掃除するようにしましょう。

そして、キレイな場所から順番に、汚れの多いところへと掃除場所を移動していくというのもポイントです。先に汚いところから掃除をしてしまうと、キレイだったはずの場所にゴミやホコリが舞う原因になってしまうので気をつけましょう。

プロに頼めば掃除を時短できる!

「きれいな環境で過ごしたいけど、なかなか掃除の時間をつくることができない……」そんな方もいらっしゃることと思います。ですが、そんな心配は無用です。ご自身で掃除をおこなうことができない場合は、掃除のプロにおまかせしてしまえばよいのです!

ここからは、業者に掃除を依頼した場合に気になってくる、費用や気をつけるべきポイントについてご紹介していきます。

たまった汚れをリセットできる

一人暮らしを始めたばかりの方は、賃貸契約の方がほとんどだと思います。ですので、契約期間を満了したら出ていくという方もいるでしょう。その場合、汚れなどが目立つと退去費用も多くかかってしまうケースがあるのです。

汚れが定着して取れなくなってしまう前に何とかしておく必要がありますが、「自分では正しい掃除方法がわからないし、傷をつけてしまいそうで心配」という方もいらっしゃると思います。そんなときは掃除のプロにおまかせしましょう。

一度キレイになりさえすれば次からの掃除のモチベーションにもつながります。また、「プロはどういう風に掃除を進めていくのか?」を目で見てチェックすることで、次回の掃除に活かすこともできます。

汚れをリセットすることで、今まで以上に部屋で気持ちよく過ごせるようにもなるでしょう。

ハウスクリーニングの費用相場

ハウスクリーニングの料金の発生は、業者や地域によって違いがあります。

  • ・部屋の大きさ別に決められている場合
  • ・キッチンや浴室など、場所による場合
  • ・時間制(〇〇時間の作業につき\〇〇〇)の場合

このように、さまざまなパターンがありますので事前にホームページなどで確認しておきましょう。大体の相場を以下にご紹介しますので参考にしてください。

一人暮らしのハウスクリーニング代:15,000円~25,000円程度
※汚れの度合いや部屋の大きさによっても差が出ます。 ※上記の値段はワンルーム/1Kの場合の一般的な費用になります。

ハウスクリーニングは業者選びがキモ

初めての業者利用で不安に思われる方は、ハウスクリーニングを利用したことのある方のレビューなどに目を通しておくとよいでしょう。

プロのハウスクリーニング業者を名乗った詐欺師も存在し、実際に被害にあわれた方もいます。当初の予定とは違い、突然多額の請求をされてしまったら困りますよね。

安いからといってすぐに決めてしまわず、ホームページなどの確認を必ずするようにしましょう。

まとめ

一人暮らしを始めると億劫になることのひとつに、掃除があります。一度コツを掴んでしまえばあとは習慣づけるだけなので、ご自身のためにも定期的に取り組むようにしましょう。

また、急に友人が訪ねてくるなどの予定が入り、「ひとりでは掃除が間に合わない!」というときは、ハウスクリーニング業者に助けを求めるのもよいでしょう。プロの業者が、あっという間にあなたのお部屋をキレイにしてくれるはずです。

ぜひこの記事を参考に、一人暮らしのお部屋を快適な空間にしてみてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7669

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

ハウスクリーニング比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ