ハウスクリーニング比較君トップページ  

最新情報・レポート > 

お風呂の床の黒ずみをきれいにしたい!汚れの原因特定と適切な掃除方法

最新情報・レポート

お風呂の床の黒ずみをきれいにしたい!汚れの原因特定と適切な掃除方法

お風呂の床の黒ずみをきれいにしたい!汚れの原因特定と適切な掃除方法

毎日使うお風呂の汚れの中でも、黒ずみって気になりますよね。黒ずみが目にはいるたび、ちゃんと掃除しなきゃ……と思いながら、つい先送りにしてしまっていませんか?ですが、その先延ばしが床の黒ずみを頑固な汚れに成長させているのです。

今回ご紹介したいのは、そんな床にこびりついてしまった頑固な黒ずみをすっきり掃除する方法。思い切って掃除して、ピカピカなお風呂で気持ちいいバスタイムを過ごしましょう。それでは、さっそく床の黒ずみの掃除方法をご紹介してまいります。

お風呂の床の黒ずみ…原因はなに?

すぐにでもお風呂の床の黒ずみを掃除したいところですが、まずは汚れの正体を突き止めましょう。汚れの種類によって、原因や対処法も異なるものです。それではご説明いたします。

黒い汚れ

黒い汚れは黒カビによる汚れです。黒カビは高温多湿の環境下で発生しやすいとされていて、お風呂場はそんな条件にピッタリと当てはまる場所です。それに加えて、お風呂場には皮脂汚れなど、菌の餌となる栄養分がたくさんあります。お風呂場で黒い汚れが繁殖しやすいのも納得ですね。

茶色の汚れ

茶色の汚れは、石鹸カスによる汚れです。石鹸の成分である脂肪酸ナトリウムと水に含まれるカルシウムやマグネシウムが反応して、そのような茶色い汚れがつきます。この汚れは洗剤でこすったくらいでは落ちない、なかなか頑固な汚れであることが多いです。

白い汚れ

白い汚れは、水垢によるものです。水道水に含まれるミネラル成分が結晶となり壁や床に残ることから、この汚れが発生します。お風呂場で水垢汚れがつく場合は、そのミネラル成分に石鹸カスやシャンプーなどの成分も混ざっているので、より落としにくい汚れになっています。

赤い汚れ

赤い汚れの正体は赤カビです。ロドトルラという酵母菌の一種がそのような色に見せています。菌の繁殖スピードが異常に早いので、繰り返し発生しやすい汚れです。水分や皮脂、髪の毛や石鹸カスがロドトルラの栄養分となりますので、頻繁に掃除をしていないと赤い汚れを防ぐことは難しいでしょう。

お風呂の床の黒ずみ掃除は床の材質からチェック

お風呂の床の黒ずみをきれいにしたい!汚れの原因特定と適切な掃除方法

お風呂の床を掃除する前に、床の材質を確認しましょう。床の材質によっては強い洗剤を使うとコート剤がはがれてしまったり、また強くこすることで傷がついてしまうこともあります。新しいお風呂であれば、床に防水加工やコート剤がされていることが多いです。

そのような加工済の床をメラミンスポンジなどでこすってしまっては、せっかくのコート剤も剥がれてしまいます。メーカーのホームページなどで床の素材を確認し、傷をつけない方法でおこなうようにしましょう。

お風呂の床の黒ずみ掃除で使えるアイテム

それでは、お風呂の床を掃除するための準備を整えましょう。必要な掃除道具やお風呂掃除におすすめの洗剤をご紹介していきます。

掃除道具

必要な掃除道具をご紹介します。安全に掃除をしていただくために、ぜひご用意ください。

1.ゴム手袋
お風呂掃除には、洗剤類の使用が欠かせません。直接触れては危険な種類のものもありますし、掃除中のケガを防ぐためにも必ずゴム手袋を装着するようにしましょう。

2.メラミンスポンジ・タワシ・ブラシ
お風呂の汚れをこすり落とすためのブラシやタワシを用意しましょう。お風呂の床の材質によってはメラミンスポンジやタワシが向かない場合があります。その場合は、毛先が固くないブラシなどを用意すると安心です。

3.キッチンペーパーやサランラップ
掃除用の洗剤類を汚れに浸透させるためにキッチンペーパーやサランラップを用意しましょう。汚れをパックするように使います。凸凹として洗剤が馴染みにくい床の場合は、このキッチンペーパーやサランラップでのパックが非常に効果的です。

使える洗剤

これからご紹介するのが、お風呂掃除に使うことのできるおすすめの洗剤類です。普段はお風呂掃除に使わないようなものも意外に活躍します。ひとつずつ見ていきましょう。

1.重曹
アルカリ性の性質をもつ重曹は、皮脂汚れを落とすのにおすすめです。重曹は安く手にはいるだけでなく体にも優しいので、小さなお子さんがいらっしゃる家庭でのお掃除にも向いているでしょう。水で薄めてスプレーにしたり、ペースト状にしたりと、さまざまな使い方ができるので、汚れの強さや範囲に合わせて使い方を変えてみましょう。

2.クエン酸
酸性の性質をもつクエン酸は、重曹では落とすことのできない水垢や石鹸カスなどのアルカリ性の汚れを落とすのに向いています。クエン酸が手元にない場合はお酢を使ってもよいですが、アルコール酢と呼ばれるホワイトビネガーを選ぶようにしてください。

お風呂の床の材質によっては傷がついてしまう場合がありますので注意が必要です。代表的なNG材質は、大理石や金属、コンクリートが挙げられます。使用してしまうと、材質が溶けてしまったりサビなどの劣化を早めてしまいます。

3.シール剥がし
シール剥がしをお風呂掃除に使うの?と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、このシール剥がしもお風呂の床掃除におすすめのアイテムのひとつです。油汚れを溶かす溶剤としても使われるリモネンという物質がシール剥がしの主成分になっていて、それはすなわち皮脂汚れにも使えるということです。100円均一などでも販売されていて、ローコストなのも嬉しいですね。

4.塩素系漂白剤
塩素系漂白剤もお風呂の床掃除にはおすすめです。塩素系漂白剤は皮脂汚れやカビ汚れなど、幅広い種類の汚れを落としてくれます。とくに、黒カビなどを除去してくれる洗浄成分が含まれているので、お風呂の黒ずみにはうってつけです。

ただし、塩素系漂白剤を施してから長時間放置してしまうとお風呂の床の傷みや脱色の原因になりますので、使用の際は注意しましょう。

お風呂の床の黒ずみ掃除をしてみよう

お風呂の床の黒ずみをきれいにしたい!汚れの原因特定と適切な掃除方法

これでお風呂の床掃除の準備は整いました。汚れの種類によって掃除方法は異なりますので、適した方法を選んでくださいね。

水垢タイプ

アルカリ性の水垢汚れには、先ほどご紹介したクエン酸を使いましょう。空のスプレーボトルに水400mlとクエン酸小さじ2杯を入れてよく溶かします。つくったスプレーをお風呂の床にまんべんなく吹きかけて、用意したキッチンペーパーやサランラップで1時間ほどパックしましょう。

その後、スポンジやブラシでこすり洗いをすればきれいに汚れが落ちているはずです。クエン酸をしっかり洗い流せば、水垢タイプの汚れ掃除は完了です。

皮脂汚れ、石鹸カスタイプ

皮脂や石鹸カスによる汚れには、シール剥がしを使ってみましょう。乾いた床にシール剥がしをまんべんなく吹きかけて、換気扇を回しながら15分ほど放置します。その後、スポンジやブラシでこすりながら汚れを洗い流せば掃除は完了です。

シール剥がしは非常に匂いが強いので、必ず換気扇を回しておきましょう。また、非常に強い薬剤なので手や足につかないように気をつけて作業をおこなってください。

黒ずみタイプ

黒ずみタイプの汚れには、塩素系漂白剤を使いましょう。お風呂の床全体に塩素系漂白剤を吹きかけて、10分から15分ほど放置します。ここで気をつけたいのは、長時間放置しないことです。お風呂の床の傷みや脱色の原因となります。

10分から15分ほど放置したら、シャワーで流しましょう。汚れが気になる箇所があれば、スポンジやブラシでこすります。塩素系漂白剤を使う場合は、ゴム手袋だけでなくマスクも装着して、あまり吸い込み過ぎないように気をつけてください。

赤カビタイプ

赤カビタイプの汚れにも、クエン酸を使いましょう。水垢汚れのときと同様、空のスプレーボトルに水400mlとクエン酸小さじ2杯を入れてよく溶かします。つくったスプレーをお風呂の床にまんべんなく吹きかけて、用意したキッチンペーパーやラップで1時間ほどパックしましょう。

その後、スポンジやブラシでこすり洗いをすればきれいに汚れが落ちているはずです。ただし、これだけでは赤カビはまたすぐに発生してしまいます。この赤カビを予防するには、重曹を使った重曹沸騰水がおすすめです。沸騰したお湯1リットルに重曹大さじ5杯を溶かし、お風呂場の床にまきます。数分放置し、洗い流せば今後の赤カビを防いでくれる赤カビ対策になります。

お風呂の床掃除をするときの注意点

お風呂を掃除するときには、いくつかの注意点があります。まず掃除をおこなう際には必ず換気をしましょう。掃除用洗剤や塩素系漂白剤を使う場合、直接吸い込んでは危険です。また同様に、直接手で触れることも危険ですので、ゴム手袋などで手を覆うようにしてください。

また、なかなか汚れが落ちない場合など、いろいろな洗剤類を使って汚れを落とそうとすることもあるでしょう。ですが、薬剤によっては他のものと混ぜては危険なものがあります。洗剤や塩素系漂白剤などの薬剤を使う場合は、必ず注意書きを読んで、取り扱いには注意してください。

注意点はそれだけではありません。汚れを落としたいという気持ちから、強い力でお風呂の床をこすりすぎては床を傷つけてしまったり、コート剤がはがれてしまったりすることがあります。掃除の際は、お風呂を傷つけてしまわないよう慎重におこなうことも大切です。このようにさまざまな注意点がありますが、安全に掃除していただくためにしっかり守ってくださいね。

お風呂の黒ずみを予防する方法

ご紹介してきたように、お風呂掃除はなかなか手間がかかるものです。そもそも、お風呂に発生する黒ずみを予防できれば掃除の必要もありません。ここでは、お風呂の黒ずみを予防する方法をご紹介いたします。

お風呂の黒ずみを予防するには、汚れはその都度落として、溜めないこと。それがもっとも大切です。お風呂の汚れを落としやすいタイミングは入浴後がよいタイミングです。入浴後には、熱めのシャワーでお風呂場についた石鹸カスや皮脂汚れなどを洗い流しましょう。それだけでも黒カビの繁殖を防ぐ効果は十分です。

目についた狭い範囲の汚れは歯ブラシなどでこすり落とすというひと手間でも、黒ずみを予防することが可能です。入浴後は換気扇を回すか窓を開けて、お風呂場を乾燥させることも忘れないでください。

お風呂掃除は床だけではない!掃除箇所リスト

お風呂場で汚れやすい箇所は、床だけではありません。そのほかにも掃除をするべき場所はたくさんあります。お風呂掃除として最初に思いつくであろう浴槽の掃除に加え、髪の毛や石鹸カスが溜まりやすい排水口。浴槽のフタや洗面器、イスなどもそうです。忘れがちなエプロンやシャワーヘッドや天井、換気扇も汚れやすい場所でしょう。

掃除する場所がたくさんあって、もう掃除もうんざり。そんな気分になるかもしれませんが、一か所ずつでも構いませんので、今回ご紹介したお掃除方法を風呂場のいろいろな箇所で試してみてくださいね。

たまにはプロに徹底的に掃除してもらうのもアリ!

お風呂場は、意外に掃除をする箇所がたくさん。日々の掃除では追い付かない!そんなときには、プロに徹底的に掃除してもらいましょう。

プロと素人の違い

頑固な汚れやカビ、なかなか落とすことができない鏡についたウロコ状の汚れ。また、手の届かない天井や壁の汚れに、掃除が大変なエプロン内部やお風呂場のドア。プロならば、専用の洗剤や道具を使ってきれいに落とすことができます。

自分でおこなうと範囲の限られてしまうお掃除も、プロならば、落とせる汚れであれば全て落としてくれるでしょう。お風呂掃除の完成度が、私たちとプロの大きな違いです。

費用はどれくらい?

お風呂掃除の費用は業者や作業時間によって異なりますが、一般的には13,000円~20,000円程度であることが多いようです。もちろん、掃除にかかる時間の長さによっても料金は変動します。決して安い金額ではありませんが、その金額を支払うだけの掃除の技術があるので、お風呂掃除を業者に依頼される方が多いのでしょう。

信頼できる業者選びのポイント

せっかくお風呂掃除を依頼するのなら、業者選びは大切です。第一の判断基準になるのは料金でしょう。ですが、値段が安ければ安いほどよいというわけではありません。同じ金額でも、掃除の内容や箇所が異なる場合もあります。

希望する掃除箇所、そして料金の内訳が明瞭であるか。さまざまな判断基準がありますが、掃除に関する希望や疑問に対して誠実な対応をしてくれる業者を選んだほうがよいことに違いはありません。せっかく依頼するのであれば、ぜひ信頼のできる業者を選びましょう。

まとめ

今回は、お風呂の床の黒ずみ掃除についてご紹介してまいりました。汚れの原因はさまざまで、また汚れの原因によって掃除方法は異なります。大切なのは、汚れに応じて正しい方法で掃除をすること。そして、安全に掃除をおこなうことです。換気をしたりゴム手袋をしたりと、自分の身を守りながらおこなってください。

ですが、お風呂の掃除箇所は床だけではありません。多くの掃除箇所があって、すべてを自分で掃除してしまうのは非常に大変です。そんなお困りがあるのなら、一度プロにお風呂掃除を依頼してみるとよいでしょう。

自分でおこなう掃除とは完成度が違いますし、一度徹底的にきれいにしてもらうことでその後の掃除もラクになります。今回ご紹介したさまざまな掃除方法、まずはお風呂の床掃除からはじめてみていただけたら嬉しく思います。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7669

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

ハウスクリーニング比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ