ハウスクリーニング比較君トップページ  

最新情報・レポート > 

洗濯機の効果的な掃除方法とは?においの原因や汚れ防止のコツを紹介

最新情報・レポート

洗濯機の効果的な掃除方法とは?においの原因や汚れ防止のコツを紹介

洗濯機の効果的な掃除方法とは?においの原因や汚れ防止のコツを紹介

日頃、お部屋やお風呂、トイレなどの掃除をする人は多いですよね。では、洗濯機の掃除はしていますか?日常的に使うものであるにもかかわらず、掃除をしていないという人は多いようです。

「とくに汚れなどは見当たらないけど、洗濯機の掃除をする必要はあるの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、洗濯機の掃除をしないことで発生するカビなどは、アレルギーや皮膚炎の原因となってしまうことがあるのです。

「洗濯機をどのように掃除したらいいのかわからない……」そんな人は必見です!この記事では、洗濯機の掃除の仕方やコツ、掃除する頻度、理由などの気になる「洗濯機のお掃除事情」についてご紹介していきます!

洗濯機の汚れ・においの原因は?

どうして洗濯機のなかが汚れてしまったり、においがついてしまったりするのでしょうか?この章では、その原因について説明します。

洋服についた汚れ

まず、単純な理由は洋服の汚れです。洋服につく汚れとして多いものに、汗や食事の食べこぼし、ポケットのなかのゴミなどが挙げられます。洋服に染みついたいろいろな汚れや異臭が混ざり、洗濯機に移ってしまうのです。

石鹸カス

水で流れ切らなかった洗剤や柔軟剤が残ってしまうことがあります。石鹸(せっけん)カスは、洗濯物にもついてしまうので厄介です。液体タイプの洗剤は洗剤投入口に残ったもの、粉末タイプは溶け切らなかったものが石鹸カスとなります。

石鹸カスが蓄積されると、洗濯物の汚れやにおいの原因となってしまい落とすのも大変なので、見つけたらすぐに掃除するようにしましょう。

ホコリ

洗濯機の後ろなどの見えないところにホコリがたまっているかもしれません。また、衣類やフィルターなどにもホコリがたまります。ホコリはカビや雑菌の大好物ですので、これらの温床となりやすいです。

水垢

洗い流すときに使われる水道水のカルシウムと石鹸カスがかたまり、洗濯機に蓄積されることにより、水垢(みずあか)ができてしまいます。蓄積された水垢は業者でも落とすことが難しいです。

水垢を放置していると、洗濯物にも汚れがついてしまうので注意しましょう。

カビ

外からはきれいに見えても、洗濯機のなかをのぞいてみるとカビだらけなんてことがあります。カビは湿度と水分を好み、さらに先ほど紹介した汚れをエサとしているため、汚れを放置しているとカビも同時に生えやすいのです。

「最近、洗濯しても服やタオルがカビ臭い……」などという人は注意しましょう。カビ臭いからといって洗剤などを増やすと、かえってカビが増えてしまいます。まずは湿度を下げるなど、カビを発生させないように徹底しましょう。

重要!洗濯槽の掃除のしかた

重要!洗濯槽の掃除のしかた

洗濯槽はどのようにして掃除すればいいのかご存じですか?じつは、洗濯槽を掃除する頻度や汚れ具合などによって、使う洗剤が変わってくるのです。この章では、気になる洗濯槽の掃除方法についてご紹介します。

掃除洗剤は「酸素系漂白剤」「塩素系漂白剤」の2種類

洗濯槽に使う洗剤は「酸素系漂白剤」「塩素系漂白剤」の2つで、洗濯槽の掃除の頻度によって使いわけます。年に1回、半年に1回など、たまにしか掃除をしない場合は酸素系漂白剤で洗ったあとに、塩素系漂白剤を使い徹底的に汚れを落としましょう。

毎月しっかりと掃除をしているという人は、酸素系漂白剤で掃除するだけで汚れが取れます。においが気になる、洗濯しても汚れがつく……という人は洗濯槽に汚れがこびりついている可能性があるので、業者に掃除を依頼しましょう。

なお、ドラム式洗濯機は内部がデリケートに作られているため、ゴミが詰まりやすい酸素漂白剤を使うことができません。

掃除方法:酸素系漂白剤を使う場合

【酸素系漂白剤の掃除方法】

  1. くずとりネットを外し、洗濯槽のなかに40℃程度のお湯をはる。
  2. 標準コースで5分ほど洗濯機を回し、停止させて約5時間置く。
  3. 再度5分ほど洗濯機を回し、浮き出てきた汚れをすくいとる。
  4. 汚れを全部とり終えるまですすぎ、脱水を繰りかえす。
  5. 洗濯機のフタを開けて乾燥させる。
酸素系漂白剤は塩素系に比べて、においや危険性が少ないため扱いやすいです。発泡力が強いので、泡が多すぎる場合は網などですくって減らしましょう。

また、酸素系漂白剤は浮き出た汚れが目に見えてわかるので、掃除をする際には気分もすっきりするのではないでしょうか。

掃除方法:塩素系漂白剤を使う場合

【塩素系漂白剤の掃除方法】

  1. 洗濯槽内に40℃程度のお湯をはり、お湯のなかに漂白剤を入れる。
  2. 標準コースで脱水までおこない、洗濯槽内の汚れを確認する。
  3. 汚れが落ちるまで繰りかえしおこなう。
市販の洗濯槽クリーナーには、ほとんどがこの塩素系漂白剤が使われています。「混ぜるな、危険」などの注意書きがあるのが特徴です。

塩素系漂白剤はいわゆる「プールのようなにおい」です。少しだけツンとしたニオイがしますが、酸素系漂白剤に比べて殺菌作用がとても高いので効果が期待できるでしょう。

洗濯槽以外にもここを掃除!

洗濯機のなかで汚れがたまりやすいのは洗濯槽だけではありません。ここでは、洗濯槽を掃除する際に、一緒に掃除しておくとよい場所をご紹介します。

洗剤投入口

洗剤投入口は名前のとおり洗剤を入れる場所なので、ぬめりやカビの原因になってしまいがちです。汚れがこびりついてガチガチになってしまう前に、洗剤投入口を掃除しておきましょう。

【掃除方法】

  1. 洗剤ケースを取り外し、ぬるま湯につけておく。
  2. ぬるま湯につけている洗剤投入口の汚れが柔らかくなってきたら、歯ブラシで汚れをこすり落とす。
  3. ぬるま湯で汚れを落とし、キッチンペーパーで拭きとる。

洗剤ケースはこまかい場所が多いので、歯ブラシで丁寧にこすりとるのが大切です。ぬるま湯で汚れが落ちない場合は、浴室用洗剤を使ってつけ置き洗いすると落ちやすくなります。浴室用洗剤を使うときはしっかり洗い流すようにしましょう。

ゴミ取ネット

ゴミ取ネットの掃除を怠ると、カビや汚れの原因となります。「洗濯をしたのにゴミがついている!」という場合は、ゴミ取ネットの掃除をする必要があるでしょう。

【掃除方法】

  1. ゴミ取ネットのフィルターを外し、なかに入っているゴミを捨てる。
  2. ゴミ取ネットをぬるま湯ですすいで、汚れている場所を歯ブラシでこする。
  3. ゴミ取ネットの本体部分も同じように歯ブラシでこする。
  4. ぬるま湯で汚れを洗い流し、本体、フィルター共にキッチンペーパーで拭く。

ゴミ取ネットのフィルターも洗剤投入口のように、ガンコな汚れは浴室用洗剤を使うと汚れが落ちます。ゴミ取ネットの本体は洗い流すのが難しいため、浴室用洗剤を使うのは控えましょう。

洗濯機と壁の隙間

狭くてわかりづらいところでは、洗濯機と壁の隙間などは、あっという間にホコリがたまってしまいます。定期的にホコリがたまっていないかチェックしてみましょう。

【掃除方法】

  1. 掃除機の入る隙間がある場合は、ホコリを吸いとる。
  2. 掃除機が入らない場合は、ハンガーとストッキングを使ってホコリをとる。(針金でできたハンガーを縦に曲げて、その上からストッキングをかぶせた「ホコリキャッチャー」を作ると便利です。)
  3. ホコリキャッチャーを体に擦り付けて、静電気を起こす。
  4. 洗濯機と壁の隙間に、ホコリキャッチャーを差し込んでホコリをとる。
ホコリは洗濯物についてしまうだけでなく、ホコリを好むカビや雑菌などを発生させやすいため、早めに掃除しておきましょう。

洗濯槽の汚れをためないポイント

洗濯槽の汚れをためないポイント

ホコリや水垢、ダニや雑菌など……いろいろな汚れがたまりやすい洗濯槽ですが、汚れをためないようにするコツがあります。この章では、洗濯槽の汚れをためないポイントについて詳しくご説明します。

月に1回掃除する

洗濯槽をきたないままで放置していると、のちのち掃除をするのがとても大変ですよね。洗濯槽は目に見えている部分だけでなく、見えていない部分も汚れていることがあるので、汚れにあった洗剤を選んで使うといいですね。

ちなみに理想の掃除ペースは月に1回だそうです。こまめに掃除しておくことで、毎回の掃除が楽になります。洗濯機は定期的に掃除をするようにしましょう。

洗濯槽のフタはあけておく

洗濯をしたあと、すぐに洗濯槽のフタを閉めてそのままにしていると、湿気の原因になってしまいます。湿気はカビの大好物なので、閉めっぱなしにしておくのは危険です。発生を防ぐためにも、乾燥するまでフタを開けておくようにしましょう。

洗濯機のなかに衣類をためたままにしない

1日着た服を洗濯機のなかに入れっぱなしにしていると、服についていた皮脂や汗などが原因で洗濯機内が汚れてしまいます。洗濯カゴにある洗濯物は、洗濯をする直前まで洗濯槽のなかに入れないようにするなどの工夫をするといいでしょう。

衣類洗剤・柔軟剤は適量入れる

洗剤や柔軟剤は多く入れすぎてしまうと、カビや雑菌の原因となることがあります。洗剤の量が多ければ多いほど洗浄力があがるわけではなく、パッケージに記載されている適量が最も効果的なのです。

洗濯槽の汚れを放置するとおそろしい……

洗濯槽が汚れているということは、カビや雑菌などが常に洗濯槽内にいるということです。つまり、汚れた服などをきれいにするために洗濯をしたのに、カビや雑菌と一緒に洗っているのと同じなのです。もちろん、あまりよい気分はしませんよね。

洗濯槽の汚れを放置していると、洗濯をしてもにおいが残ってしまいます。また、洗濯槽のカビにはぜん息やアトピーの原因になるものなどもあります。衛生的にも、体にもよくないので、洗濯槽は清潔に保ちましょう。

汚れが取れない場合はハウスクリーニング業者に依頼!

自分で掃除をしても、なかなか汚れが取れないことがあります。そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

プロにお願いすれば頑固な汚れもリセットできる!

「数年以上洗濯機を掃除しておらず、汚れがぎっしり……」「掃除をしても汚れやにおいが変わらない」という人は、ハウスクリーニング業者に依頼するといいでしょう。

プロの知識で掃除をおこなってもらえるので、自分でやるよりもきれいに仕上がります。また、ハウスクリーニング業者は専門の薬剤や道具を使っているので、より高度なクリーニングをしてもらえますよ。

【業者選びのコツ1】一括見積りサイトで料金を比較

ハウスクリーニング業者といっても、いろいろな業者があって迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。「どこの業者に見積りを依頼しよう……?」そんなときは、気になる業者全部に見積りを依頼してしまえばいいのです!

「業者ごとに依頼したいけど面倒……」そんな人は、一括見積りサイトを利用することで、簡単に複数の業者から見積りをとることができます。同じ条件で探すことで料金相場を知ることができるため、お得な業者を選びやすいです。

【業者選びのコツ2】スタッフの対応も判断基準のひとつ

さまざまなハウスクリーニング業者がいるなかから、どの業者を選ぶか決めるとき、やはり相談などがしやすいところがいいですよね。いくら価格が安くても、スタッフの対応が悪いと、なんだか残念……。

毎日使う洗濯機なので、より信頼できる業者に依頼することが大事です。スタッフの態度をはじめ、料金やアフターサービスなども加味して、自分が納得できる業者に依頼するようにしましょう。

また、ハウスクリーニング業者は洗濯機のほかにもエアコン、トイレ、キッチンなどのクリーニングをおこなっていることが多いです。洗濯機と一緒に掃除してもらうのもいいですね。

まとめ

これまで、洗濯機の掃除方法やコツなどについてご紹介してきました。洗濯機の汚れやにおいの原因は石鹸カスやホコリ、水垢、カビなどが中心です。

洗剤には、スプレーをかけてつけ置きする「酸素系漂白剤」と、強力な殺菌力を持つ「塩素系漂白剤」があり、掃除する頻度によって使い分けることができます。

しかし、長年放置していた汚れなどは、なかなか簡単には落ちません。そんなときは、ハウスクリーニング業者に依頼するのもよいでしょう。

依頼する際は、複数の業者を比較できる「相見積り」がおすすめです。毎日使うタオルや服を少しでもきれいにするために、まずは洗濯機の掃除からはじめてみましょう!

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7669

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

ハウスクリーニング比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。