ハウスクリーニング比較君トップページ  

最新情報・レポート > 

カーペットのクリーニング方法を伝授!シミ・ダニ・臭いを一掃しよう

最新情報・レポート

カーペットのクリーニング方法を伝授!シミ・ダニ・臭いを一掃しよう

カーペットのクリーニング方法を伝授!シミ・ダニ・臭いを一掃しよう

いま自宅に敷いてあるカーペットをいつ洗ったか覚えていますか?そういわれてみれば最後にいつ洗ったのか忘れてしまったかたも、もしかしたら買ってから一度もクリーニングしていないなんてかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

カーペットのクリーニングを自分でやろうと思うと時間も手間もかかりそうだし、そもそもどうやってクリーニングをしたらいいのかわからない……考え出したらいくつも理由があると思います。

 

今回は、思っていたより簡単で自分自身でもすぐにできそうなカーペットのクリーニング方法のご紹介です。

 

でもやっぱり自分でやる時間がないからプロにお願いしたい、どうせ洗うならプロにお願いして洗浄してもらいたいなんてかたも中にはいらっしゃるはず。プロに頼んだときかかる相場の金額や、プロのクリーニングをお願いした場合のメリットもあわせてご紹介していきたいと思います。

 

 

カーペットは見た目以上にとっても汚い!

日々生活の中で使うカーペットに汚れはつきもの。とはいっても、見た目では汚れているかわからないから大丈夫!…なんて思っていないでしょうか。実はカーペットって自分が想像している何倍も汚れているんです。

 

もちろん洗っていないからなんていうのは当然の理由ではありますが、何か月も洗っていないカーペット…。当然、きれいなはずがないです。放置してしまったゆえに、いざ洗おうとなったときに汚れが落ちなかったなんてことにはなりたくないですよね。

 

では、カーペットを汚してしまったらどうしたらよいでしょうか。

 

 

実はトイレより汚いのはカーペットだった?!

トイレって毎日とはいわなくてもなんだかんだ1週間に1回ぐらい自然と掃除するもの。 でもカーペットってすごく洗いにくいし、どうやって洗ったらいいのかもよくわからないし…で放置してしまっているというかたが多いのではないでしょうか。

 

そうして放置していると何か月、何年と時間が過ぎていき汚れも染みついてしまい落とすのが難しくなってしまい、いつのまにかトイレよりも汚くなってしまっていたのです。

 

カーペットの汚れを放置したらどうなる?

いま忙しいからあとで汚れを落とそう、このぐらいの汚れなら大丈夫、なんて思わないでください。カーペットの汚れは放置すればするほど、汚れが落ちにくくなってしまいます。

 

もしうっかりジュースをこぼしてしまいカーペットを汚してしまったら、臭いも残ってしまいます。すぐに対処することをオススメします。

 

カーペットのクリーニングで重要なのはスピード!

カーペットの汚れの処理は、早ければ早いほど落ちる可能性も高くなります。長時間放っておいてしまうと、汚れが沈着し洗浄しても修復することが難しくなってしまいます。汚れた瞬間対処することがベストです。

 

カーペットのクリーニングは手間や時間もかかってしまいますが、早く対処できることによってキレイになる可能性も高くなりますので、汚れに気づいたらできるだけ早く処理したほうがいいでしょう。

 

 

カーペットを自分でクリーニングしてみよう

カーペットを自分でクリーニングしてみよう

そもそも自分でカーペットのクリーニングを行うことは可能なのか、具体的にはどうしたらいいのかわからないというかたが多いと思います。もちろん自分でもクリーニングする方法はあります。

 

汚れによって適した方法がきちんとあるのでどんな汚れ、シミなのかを把握した上でやってみるのがいいでしょう。

 

掃除機や拭き掃除で簡単クリーニングが可能です。

掃除するうえでいちばん身近なものといえば掃除機ではないでしょうか。まずは掃除機を使ってゴミを吸い取りましょう。

 

カーペットの汚れの約8割はほこりといわれています。 掃除機をカーペットの毛が流れているほうと逆方向に向かってかけてみてください。 そうすると中に入り込んで溜まったゴミや汚れを、効率よく吸い取ることができます。

 

掃除機で吸い取りきれないごみは、拭き掃除でクリーニングしてみましょう。

 

バケツ1杯~2杯のぬるま湯で中性洗剤を薄めます。それをスポンジにしみ込ませて、毛並みにそって強く拭く。これだけです。拭き掃除は、見えない汚れや繊維の奥の汚れをクリーニングすることができます。

 

カーペットに染みついた臭いも自分で一掃できる!

カーペットがなんとなく臭うこともありますよね。臭いなので市販の消臭剤を使えばごまかしにはなりますが、臭いの元を除去したわけではないのでまた臭ってきたり、臭いが混じってもっと臭くなったりすることもあります。

 

そんなときオススメの方法は重曹をぬるま湯で溶かした溶液をタオルにしみ込ませ、臭いが気になる部分全体を拭いてみてください。重曹水で拭くと、臭いの元の原因の汚れを除去することができ臭いが和らいだり、なくなったりします。

 

自分でカーペットの清潔感を保つには。

カーペットのゴミを掃除機で吸い取ることや、拭き掃除のみでも十分にカーペットをクリーニングすることが可能です。ただし、最低でも月に1回はクリーニングすることがマストなようです。

 

自分でクリーニングすることはもちろん手間も時間もかかりますが、料金はお店に頼むよりもはるかに安くなるでしょう。なのでコストをおさえたいというかたは試してみるのもよいかもしれませんね。

 

 

カーペットのシミを落とす方法

いつのまにかカーペットに染みついていた頑固なシミ……。家庭で付着するシミの成分は水性、油性が多いと思われます。このシミの種類によってクリーニング方法が異なりますので、そのシミに合った方法でクリーニングすることがとても重要でしょう。

 

水性のシミの場合

ティッシュペーパーやタオルを使ってシミ部分を軽く押さえ、水分を移します。ここで汚れきれいにするにあたって大事なのが、間違っても力を入れたりこすったりしないようにしてください。こすったりしてしまうとシミがひろがっていくこともあります。

 

中性洗剤を薄めた溶液をタオルに含ませ、トントンと表面を叩くようにしてください。ちょっと根気強くやることがポイントです。面を替えながらタオルに汚れを移して、仕上げに水拭きをしてみましょう。

 

注意したいことは、汚れの成分によっては固まってしまうこともあるので、冷水や熱湯は避けたほうがいいですね。

 

油性のシミの場合

固形物の汚れは先に取り除いておいて、汚れた部分をタオルで吸い取ります。水で濡らしたタオルで表面を叩いて汚れをタオルに移します。中性洗剤を薄めた溶液で拭いたあと、また水に濡らしたタオルで汚れや洗剤を拭きとっていきましょう。

 

汚れが何のシミかわからない場合は。

2パターンのシミの落とし方をご紹介しましたが、そもそもどっちかわからないことがほとんどだと思います。そんな場合は、ぬるま湯を汚れの上に軽くかけてティッシュペーパーやタオルを使って吸い取る水性のシミの対処方法を試してみてください。

 

それでも取れない場合は油性のシミの可能性があります。 まずは汚れを見分けることが、クリーニングするときの重要なポイントとなるでしょう。

 

 

カーペットのクリーニングをプロに頼んでみる!

カーペットのクリーニングをプロに頼んでみる!

 

自宅でもクリーニングが可能なことはわかったけど、時間もかかるしできるものなら誰かにやってもらいたい……。誰もが考えることだと思います。掃除が好きな人はあまりいないでしょうから。

 

お金はかかりますが、プロに頼むことももちろん可能です!ではプロに頼んだ場合、お金をかけた分だけ満足できる内容も提供してくれるのでしょうか?自分でクリーニングをするのと具体的にはどれぐらいの差があるのでしょうか。

 

プロにカーペットのクリーニングを頼むとよいことがたくさん!

自分でクリーニングしても落ちない、頑固な汚れやシミもすっきりきれいにしてくれるのが一番のメリットでしょう。プロが知っている知識や技術で洗浄、除去してくれるので素人の私たちがクリーニングしたものとは当たり前ではありますが、やはり差がないわけがないのです。

 

プロによって汚れをきれいに除去するとダニの発生の抑制や、定期的にクリーニングをお願いすることにより、カーペットを長く使うことができます。カーペットは何度も買い替えることがないので、気に入って買ったカーペットはできれば長く使いたいものですよね。

 

プロにクリーニングをお願いした場合の費用は?

プロに頼んでクリーニングしてもらう上で気になることは費用ですよね。 もちろん頼む業者やカーペットの大きさや素材、汚れの具合でも費用は変わってくるので一概にはいえませんが相場は1万円前後ぐらいなようです。

 

決して安いとは言い難いかもしれませんが、きれいに洗浄してもらい、より長くカーペットを使うことができるのならもしかしたら自分でクリーニングするよりもはるかにお得と言えるかもしれませんね。

 

 

まとめ

日々使うカーペットは洗うことも少なく私たちが考えているより汚れがたまっていること、汚れを発見したら早め早めの対処でクリーニングすることがカーペットの清潔感を保つ鍵ともいえそうですね。

 

そして自分でもクリーニングすることも可能なので、できれば1か月に1回ぐらいは洗浄しておければ自分自身でもカーペットをきれいにしておくことが可能です。

 

もちろん自分でもクリーニングすることも可能ではありますが、今後同じカーペットを使っていくことを考えると自分でクリーニングするよりも費用はかかりますが圧倒的にきれいに洗浄してくれるプロにクリーニングをお願いすることもぜんぜん悪くないですね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7669

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

ハウスクリーニング比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。